ikujikyuka

「『自分は家庭を優先する。仕事が全てでは無いんだ』と示す行動自体に、象徴的な意味があります」と研究者は話す。
「企業にとっては採用や離職防止につながり、欧州経済にも利がある」と歓迎しました
「イクメンという言葉がなくなるくらいに」りゅうちぇるの言葉に共感が集まっています
現場の業務と事務局の業務は、国際協力の両輪であると痛感しました。
今、ワーキングマザーとしての働き方にモヤモヤを抱えている方はぜひ一緒に考えてみてください。
「働くことも子どもを育てることも、選んだ以上は勇気や行動力を持っておくべきだと思います」
PRESENTED BY エン・ジャパン
政府の目標である2020年に男性の育児休業取得率を13%にするという「低い目標」すらクリアすることはほぼ絶望的と言っていい現状。
子育ての楽しみは数日間だけじゃわからない。
少なくとも、私は、自分の長男を窓のない保育室に預けたいとは思わない。
「男性育休」を振り返って、実際のところは?社内の風土は? 今後は? など、リアルな話を伺いました。
「親になることで男性や女性が経済的に不利にならないような世界を、身をもって示していきましょう」
「正直なところ、今も不安でいっぱいではあります(笑)」試行錯誤の中で見えてきた、自分らしい働き方。
PRESENTED BY 住友商事