imin

50年後に人口1億人を保持するというのは、なんとなくの数字ではなく、政府が真剣に目指す数字なのだ。
法相の私的懇談会「出入国管理政策懇談会」が外国人実習生の受け入れ期間をいまの最長3年から5年に延ばすことを柱とした報告書を谷垣禎一法相に提出した。対象職種も追加を検討すべきだとしている。
女性の社会進出を後押しするために、家事や介護をサポートする外国人労働者を、新たに受け入れるべきか。
移民政策を考える上で、高度人材移民と単純労働者移民の区別は重要です。高度人材移民はイノベーションを興し、国に投資を行います。単純労働者移民は介護・製造などでマンパワーを供給します。
外国からの移民を毎年20万人ずつ受け入れることで、日本の人口1億人を100年後も維持するという案を、内閣府が示した。1億人を維持することで、世界第3位の経済規模を維持することができ、国際社会における日本の発言権も一定に保つことができるという。
今年6月、在日米国商工会議所が安倍政権に外国人家政婦の規制緩和を求めた。安倍首相は公の場で外国人家政婦の規制緩和に言及していないが、関係筋によると、3人の閣僚がこの問題を協議したという。
西アフリカ・ニジェール北部のサハラ砂漠で、女性や子供を含む92人が遺体となって発見された。発見された場所が国境付近であったために、遺体はニジェールからアルジェリアに亡命しようとしていた移民ではないかと考えられてる。ロイターが報じた。
フィナンシャルタイムズ紙の主席コラムニスト、ギデオン・ラックマン氏。「日本が示唆する我々の暗い未来」と題する記事で、現在の日本が抱える課題を、欧米の国々に警鐘を鳴らす形で明らかにしている。
安倍政権が構想する「国家戦略特区」で、従業員を解雇しやすくしたり、労働時間の規制をなくしたりする特区の導入が検討されている。政府は今秋の臨時国会に関連法案を出したい計画だ。特区をつくるねらいは何か。働き手にどんな影響があるのか。
政府は雇用の流動化を促す「特区」の設立について検討を進めている。この特区においては、労働者に一定の金額の報酬を支払えば、労働時間の縛りを無くしたり、企業の判断で従業員を解雇しやすくするとされる。具体的にはどのようなものだろうか?