infure

第一生命経済研究所の首席エコノミスト・熊野英生さんは、緊迫するウクライナ情勢も踏まえ、「コストの上昇が原因で起きる物価上昇は続くだろう」と指摘しています。
アメリカの金融政策を解説します。
ヘリコプターマネーは、国が借金を増やさずに直接マネーを増やそうとする政策です。具体的には…
社会保障の改革についても正面から議論し、参院選において国民に問うべきものだと思います。
為替を論じる際、問題にされるべきは、単なる二国間の金利差ではありません。
アベノミクスの第二の矢は、機動的に財政支出をする必要がある局面では確かに一定の役割を果たしてきた。しかし…
「『日本の借金1000兆円』はやっぱりウソでした」という記事について、少し違和感があったのと、何人かの方から問い合わせがあったので少し何か書こうかと思います。
大方のトレーダーは「利上げなら、当然、ドル高だろう」と早とちりしています。
いま中国で起きていることは「山一破綻」のようなバランスシートの問題であって、単に景気が悪いという問題ではありません。