innaikansen

会見の開催がこの時期になったことについては「職員が懸命に対応している中で、不十分な形での会見はできなかった」と釈明した。
国内最大規模のクラスターが発生した永寿総合病院。仲間や患者が次々と感染していく中、恐怖と不安と自責の念を抱えながら医療の現場に立ち続けた看護師の手記が公開されました。
医療資材不足と感染防止策の不十分さが感染拡大につながった可能性を指摘している。
東京都が4月12日に院内感染の疑いがあると発表。全国で院内感染とみられる事例が出ている。
発症前14日間の武漢への渡航歴は無く、県は感染ルートを調べています。
感染したのはA型。38〜39度の高熱で肺炎になった
死因は感染症の悪化だったという