inobeshon

第二次産業革命が進展した20世紀は、「ビッグ」の全盛期だった。寡占的な大企業が市場を支配し、巨大な政府がそれを補完していた。いわゆる「混合経済体制」への移行である。
きのうツイッターを眺めていたら、古巣の新聞社で医師や法曹資格を持つ人を対象にした専門記者の募集告知を出していたらしく、すごい驚いた次第。というのも、私がいた数年前までは、...
ホームエレクトロニクス・カフェのプラットフォームは「地域」と「ネットワーク」です。地域のコミュニティーとしてだけはなく、行政区分や伝統的地理境界を超えたネットワーク社会の地理学やJeff Jarvisの提唱するパブリックネスの概念を包括しています。
世界で人工知能の事業化が急ピッチで進みそうな状況になってきたが、日本勢はかなり出遅れている。日本がこうした部分で出遅れてしまう原因は何か。
イノベーションは簡単に予期できないからこそイノベーションだ。こういう機能があるからこれができる、という現状の延長の発想だけではなく、こういう未来を創りたいから、これを作ろうというワクワク発想で、世界は今後も、これまでの知見に「アウトオブボックス」要素を加え、イノベーションを加速させ、それが「文明の進歩」となっていくのだ。
理化学研究所の研究チームが、酸性の刺激を与えるだけの簡単な方法で、あらゆる細胞に分化できる万能細胞の作成に成功した。従来の常識を覆す快挙といえるが、この事例は、画期的な研究というものは事前に予測することができないというイノベーションの本質をよくあらわしている。
ICTによる真の地域活性化のため、「モノ」であるICTを使いこなす「ヒト」への投資を提言する「ネットと地域活性化を考える会」。連載第4弾は、株式会社ウィズグループ代表取締役の奥田浩美さんが、ネットメディアを活用しながら各地のプロジェクトを推進している視点から寄稿しています。
今回は前回に続き、コンサルティングファーム出身で、ビジネスにおけるマネジメントの経験も豊富な「未来の住職塾」講師である井出悦郎とともに、思索した「菩薩の組織の5つの特徴」を皆さんと共有できればと思います。
先日、帝国データバンクが『大学発ベンチャー企業の実態調査』というものを発表し、各種メディアでも「大学発ベンチャーの過半数が黒字」という内容で肯定的に報道されていたのは記憶に新しいでしょう。勿論、黒字である事が良い事に疑いは無いのですが、今回は、もっと広い目線(一般企業との比較、大学投資全体の考慮)で大学発ベンチャーを見た時、それが本当に効率的な投資か、また、経済成長の基板として有効な投資かという事について考えてみたいと思います。
安倍氏の発言に対しては、「世界一とは言い過ぎなのでは?」との声も聞こえてくる。国のトップまで巻き込んだ自動車メーカーによる派手なデモンストレーションと、少々上滑りした安倍氏の発言からは、日本のイノベーションに関する複雑な事情が垣間見える。