insutaguramu

フィリピンの人気男性TVタレントのパオロ・バレステロスさんはメイクアップの才能を駆使して、自分の顔をマドンナやダイアナ妃などいろいろなセレブの顔に変えることができる。
雑誌『BRUTUS』2月15日号の特集は「みんなの写真」。写真は取材での撮影や、普段の記録をインスタグラムに残しておく程度でしたが、買ってしまいました。
「オスロがどれだけ素晴らしい場所かを、みんなで見つめなおしたかった」と、2人が企画する写真プロジェクトがノルウェー国内で注目を集めています。
31歳のイギリス人男性、ルイス・コール氏は誰もがうらやむような仕事をしている。それは1年中世界を旅して回ること。そして旅の記録をInstagramや、自身の人気YouTubeチャンネル「Fun For Louis」などに投稿している。
ミス・ユニバース世界大会のイスラエル代表と一緒に写った写真がきっかけとなり、レバノン代表のサリー・ジュレージュさんから代表資格をはく奪すべきだとの声がソーシャルメディア上であがっている。
黒人でゲイのカップル、コーデイルさんとケイレブさんは、特別な注目を浴びることなく3人の子供を育てるゲイの父親だったが、 いまやふたりは、子供たちと一緒に、ニコンの新キャンペーンの主役として脚光を浴びている。
Instagramの勢いは本物だ。月間ユーザー2億人を達成してからわずか9ヶ月でInstagramは毎月3億人が使うようになったという。ユーザーの70%はアメリカ以外から来る。これでInstagramのユーザー数は6週間前に2億8400万人と発表されたTwitterを追い越した。
中国や香港の写真家たちは、プロ・アマを問わず、幾何学的な超高層ビルから、淡い色合いの傘が並ぶ街角まで、この巨大な国に広がる、息をのむほど素晴らしい多彩な風景を発信している。
クリントン元大統領はブッシュ前大統領の新著『41』を読んでいる自身の写真をTwitterにアップ。「感動的なトリビュートだ!」と「なんでまだTwitterやってないの」というメッセージにブッシュ前大統領は完璧な球を返した。
香港では、民主化を訴える大規模デモで混乱が続いている(日本語版記事)が、そんな中、何千人ものデモ参加者が、ソーシャルメディアを使って、デモの様子をとらえた写真や動画をシェアしている。
まるでレコードのアートワークのような、幻想的な写真たち――これらはInstagramで35万フォロワーを持つ、ドイツのアートディレクターによる作品だ
グーグルだけではない。フェイスブックやヤフーも、さらにバイドゥ、ピンタレスト、ドロップボックス、ネットフリックスといった若いネットサービス企業までも、一斉にAI(人工知能)の研究者や開発者をかき集め、競って開発体制を整備している。
ネルソン・マンデラ氏の追悼式典の際に、米国のオバマ大統領がデンマークのヘレ・トーニング=シュミット首相や英国のデーヴィッド・キャメロン首相とともに、カメラで自分たちを撮影する様子が、世界中のメディアで盛んに報じられた。
チェック、ボーダー、ストライプなど柄物のファッションはシーズンを通してどこでも見られますが、今月は特に、よくあるフランネルシャツの着こなし以上の、特別なファッションが登場しています。プレイド×プレイドから水玉×ストライプまで、ありとあらゆる「柄on柄」がこの秋お目見え。
インスタグラム(写真共有アプリ)で集めた富士山の画像を紹介しよう。他にも、インスタグラムのブログで画像を多くチェックできる。
アックア・アルタが戻ってきたーーアックア・アルタとは、「水の都」ヴェネツィアの街の市内部まで水没してしまう現象。秋冬の季節、高潮と吹き荒れる風でこの水没は起きる。サン・マルコ大聖堂とその周辺の散歩道は天然の親水公園となる。あふれる水を避けるためレインブーツを履いて仮設の道路橋を渡る観光客たちの姿がインスタグラム(写真共有アプリ)に収められている。
私たちスタイル編集部お気に入りのファッションブロガーがインスタグラム(写真共有アプリ)にアップした、この秋おすすめのスタイルを紹介しましょう。スカートにモトブーツを合わせるスタイルから、デニム・オン・デニムまで、この秋チェックしておきたいスタイルがいっぱい。
大人気セクシー女優が口紅、アイライナー、チークをおとしてどすっぴんになった姿を披露した。