intafesu

東京大学助教の鳴海拓志さんはバーチャルリアリティ(VR)や拡張現実感など、人と機械の新しい関係をつくるためのインターフェースのあり方を提案している。
私からぜひ申し上げたいのは、新しいことをする時には必ず障壁が出てきますから、ガンガン闘ってくださいということ(笑)。