インターナショナル

真ん中の私たち

「祇園祭」を深く楽しむための誘い。