inyoga

今年はどのフェスをとっても、非常に豪華なラインナップなので、開催日順に進めていこう。
「カラダにいいこと」の敵の多いこの季節。良い香りのするハーブティーでお馴染みの「カモミール」が、救世主となってくれることを知っていましたか?
ランニング美女たちが輝いて見えるのは、走って体型を維持しているだけではなく、爽快感や達成感からくる心のクリアさが、その美しさの秘訣になっているのかもしれない。
ジャージ研究所所長・箭内道彦さんが主催するロックフェス「風とロック芋煮会」。今年は「風とロックBASEBALL」と題した野球の試合が、福島県郡山総合運動場 開成山野球場で行われました。
寒くなってくると、いくら体の外から温めようとしてもなかなか温まらないもの。そんな時、体の中から温めるのにうってつけなのが、摂るとすぐにぽかぽかと体感を得られる生姜。
アーティストとして活動する幕野まえりさんは、2年前に体調を崩したことをきっかけにランニングを始めたという。
意外と知られていないお風呂のあれこれを、〈株式会社バスクリン〉の社員で、「お風呂博士」としてメディアにも出演する石川泰弘さんに聞きました。
「ロフテー株式会社」の睡眠改善インストラクター・矢部亜由美さんに、正しい睡眠についてお話を聞きました。後編では、昼寝の重要性、よい寝具の選び方をご紹介します。
枕メーカーの「ロフテー株式会社」の睡眠改善インストラクター・矢部亜由美さんに、正しい睡眠についてお話を聞きました。
フルーツと野菜だけではエネルギーになりにくいと思われがち。しかしRAWジュースは栄養を丸ごと摂れるだけでなく、消化しなくていいので無駄な体力を使わなくていいのが特徴です。
モデルや女優、健康に気を使う多忙なクリエイターなど、感度の高い人が続々と訪れる店がある。青山学院大学青山キャンパス脇にある小さな店「Sky High」は、無農薬や自然農法で育った野菜や果物を使った100%RAW(生)ジュースが飲めるジュースバー。
私たちのカラダや生活と深く関わっていながらも、なぜか目をそむけられがちな「トイレ」事情。今回は、そんなトイレについて子どもから大人までじっくり学んで遊べる企画展「トイレ? 行っトイレ!〜ボクらのうんちと地球のみらい」をご紹介。
女性誌をはじめ、CMなどでも幅広く活躍するモデルの西山真以さん。彼女が最初にエクササイズとしてランニングを始めたのは、なんと高校時代。
一回のコートの使用料は2時間で一人3~4000円ほど。週末に同じ2時間で使用する飲み会代をテニスに充てるのが、最新の大人の遊び方なのかもしれない。
モデルとして、女性誌を中心に活躍する千国めぐみさん。趣味の一つであるランニングを始めたのは、2年ほど前。
「自転車のことは仕事として毎日考えていますけど、乗るのはほぼ通勤のみ(笑)。僕にとってのカラダにいいことは"食"。そしてその根本にある "家族との過ごし方"です」。
ここ最近ぐんぐん愛好者を増やしている「トレイルランニング」。トレイルラン&ランニングのギアショップを経営する桑原慶さんと、トレラン仲間である小松俊之さんを迎えた連載「How to トレイルランニング」、最終回となる第5回は、前回に続き、原宿のDESCENTE SHOP TOKYOで行われたお2人のトークショーをお届けします。
マガジンハウスのクオリティライフ誌『& Premium』をはじめ、広告やWEBなど、幅広い分野で編集者として活躍する柴田隆寛さんのカラダにいいことは、去年からお子さんと一緒に参加しているボーイスカウトだそう。
青春時代、汗や涙を部活動に注ぎ込んでいた人も多いはず。遠い昔の日のあの快感......、大人になった今からでも、手に入れるのに遅いということはありません。それぞれに忙しくなった大人同士だからこそ、"からだにいいこと"を理由に定期的に集まれば、きっとその楽しさも(ツラさも!?)ひとしお。"からだにいい部活"に打ち込む大人の活動内容をレポートします。
「今日は一日頑張るぞ!」何を頑張るかは人それぞれでも、だれにだってきっとそんな風に気合いの入った朝があるもの。そんな日は、いつもより早起きをしてコーヒーを淹れ、身支度を整えながら、気持ちの整理や持ち物の確認を丁寧にやっていきたい。もちろん、朝食もぬかりなく。