iot

ITなどの先端技術により「農作業の姿」の変革を目指す。
Pebbleはこれまで四角い形をしていた。それがこの度、丸い形をしたスマートウォッチをリリースした。その名は「Pebble Time Round」という。
ドアに取り付けるとスマートフォンで鍵の解錠が可能になる「Akerun」開発者の本間和弘氏も、もともとはサイトの制作を担当したウェブエンジニアだった。
来年1月から社会保障と税の共通番号(マイナンバー)制度が導入される。
IoTの市場においてカギを握るのが、アップルとグーグルという巨大プラットフォーム企業だ。彼らは、IoTによって何を実現しようとしているのか?
どうやって異分野を融合していくか。様々なスキルを持った専門家を自社に抱えるしかないのでしょう。それだけの体力ある企業が生き残る。
成長の原動力は「人」。グローバル・コミュニケーション基盤によって実現されるワークスタイル変革とは?
PRESENTED BY FUJITSU JOURNAL
M2Mについてセミナーを開いた。遠隔にあるセンサー等が直接通信してデータを収集・監視・制御する技術がM2Mで、輸送管理、スマートメータリング、遠隔での患者監視からスマートシティまで多様なサービスの創出が期待されている。
さて3年目になった、2015年版の「シックス・アパートの関が独断と偏見で選ぶ海外のITイベント」の記事をお届けします
韓国のサムスン電子<005930.KS>は8日、第4・四半期の営業利益が37.4%減の5兆2000億ウォン(47億4000万ドル)になりそうだと発表した。