ippankyoshoenzetsu

「"大西洋の向こう側"の政治手法からやや影響を受けすぎているのではないか」とマクロン氏を批判する声はたびたび上がっている。
アメリカが新たな教育改革の時期を迎えるにあたって、いかに国中の小中学校へCS教育を浸透させるかについて、さかんに議論が交されています。
私たちは限られたわずかな人だけが成功する経済を受け入れた方がいいのだろうか? それとも努力をする人なら誰でも収入とチャンスを増やしてあげることのできる経済を目指すべきなのだろうか?
国内の指導者たちは、アメリカが「必要不可欠な国家」であると主張する。もし本当にそうならば、オバマ大統領は20日の演説以上に、世界の現状に対して率直に、そして行動的になり、より明確なビジョンを打ち出すべきだ。
オバマ米大統領は20日、一般教書演説を行い、中間層支援の一環として、中小企業の税制簡素化のほか、最低賃金を支払わない企業に対する新たな罰則を提案した。
4月にオバマ大統領が訪日する。この機会を捉え、安倍政権は日米関係が深化しており、この事が世界の平和と安定に貢献する事を国内外にアピールせねばならない。
オバマ米大統領は28日、一期目の就任以来6度目となる一般教書演説に臨んだ。与野党が激しく対立する議会を迂回し、大統領令など自らの権限で実行できる政策を総動員し、中間層の底上げに注力する姿勢を鮮明にする構えだ。