ips-saibo

患者・家族らでつくる団体が、再生医療研究への支援を呼びかけている。
「我々は、2018年末までには治験を始めたいと考えています」
ダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」思い出す人が続出
長生きや病気に強いといった「謎の能力」を持ち、人類の健康にも役立つ可能性が出てきた、「ハダカデバネズミ」。なぜそんな名前になったのでしょう。
移植後の不整脈を制御するためのさらなる研究がまず必要だろう。
理化学研究所などからなる研究グループが、マウスのiPS細胞から、発毛や皮脂の分泌もできる完全な皮膚の再生技術を開発した。
角膜を含めた眼科治療の新たな可能性を示唆する成果を報告している。
横浜市立大学准教授の武部貴則先生は、3年後に世界初のiPS細胞でできた臓器の移植手術を行うことを目標に研究を続けています。
日本は、再生医療の研究と臨床応用で最先端の地位を守ることに無我夢中で取り組んでいる。