iran-kaku

イスラエル対外情報機関(モサド)のエフライム・ハレヴィ元長官は、ベンヤミン・ネタニヤフ首相がイランと主要6カ国の間でかく開発プログラムに関する枠組み合意に反対したことを強く批判した。
イランの核開発をめぐる交渉が4月2日に枠組み合意したことを受けて、イスラエルのネタニヤフ首相は5日、アメリカABCテレビの討論番組「ディス・ウィーク」で改めて反対を表明した。
イラン政策が仮にでもまとまれば、これはオバマ政権2期目にとって、1期目に医療保険改革法を行ったのと同じ選択になるだろう。
ロシアのラブロフ外相は、スイス西部のローザンヌで行われた欧米など6カ国とイランの核協議について、問題の最終決着に向けた全ての主要な点において大筋で合意が成立したと明らかにした。
アメリカのバラク・オバマ大統領は、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相がパレスチナ国家の設立を支持しないと想定して外交政策を行っている。
ハフィントンポスト各国版11月11日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。ハフィントンポスト・イタリア版では、脱税の罪で、議員資格剥奪を審議されているベルルスコーニ元首相の独占インタビューを掲載しています。インタビューの中でベルルスコーニ氏は、自身の議員資格剥奪を採択することは「法の支配」に反しているとともに、人権の侵害であると主張しています。
日本はイランに、原発建設で協力する用意があると、外務省スポークスマンが話した。イランにおける各問題の解決に、日本の役割が問われている形だ。