iran

イランによるミサイル攻撃後、トランプ大統領は「全てが順調」、イラン外相は「自衛権を行使した」とつぶやきました。
フセイン政権時代に建設。米軍管理下の後、新生イラク政府が管理している。
「ここまでは、順調だ!我々は、世界で最も強力で装備の整った軍隊を持っている」
アメリカの国防総省は「被害状況を確認している」と声明を発表しました。
ソレイマニ司令官の暗殺は、アメリカがイランに対して大胆なアクションを取ることを厭わないことを示唆する。
「イランが米国人や米国の資産を攻撃するならば、イランの52カ所を標的にする」と宣言し、波紋を呼んでいます。
アメリカがイラン革命防衛隊の要人であるソレイマニ司令官を殺害したことから、イランは反発をさらに強めている。
イランの少女更生施設を撮ったドキュメンタリー映画『少女は夜明けに夢をみる』。来日したメヘルダード・オスコウイ監督にインタビューしました。