iriomotejima

気象庁によると、津波の心配はないという。
沖縄県石垣島のWWFサンゴ礁保護研究センターでは、干潟とマングローブに生息する巻貝キバウミニナの調査は、市民参加型ということもあり、幼稚園児からお年寄りまでの幅広い世代の方の参加を得て行なわれました。
波照間島の住民1590人のうち、1587人がマラリアに感染し、477人が死亡。実に島民の3割の命が失われました。島民の方は言います。「私たちは沖縄戦の捨て石にされた」と。