韓国は今後高齢化の進行により医療保険の財政がさらに悪化することが予想されており、より早い段階で財源確保のための対策を実施することが要求されている。
日本と韓国の医療保険制度は、同じく社会保険方式であるが、両国の経済・政治・社会的な特徴等によって、異なる形態で発展してきた。
今後2年間の見込みは、実質的な成果の達成が限られたものになるだろう。そして、次の選挙で票を獲得するための主導権争いが激しくなるだろう。