iryojiko

不正に入学した学生は退学させ、不正に入学し、医師免許を得た者は、資格を抹消すべき。この際、膿を出し切らなければならない。
意識が回復しないまま4カ月後に亡くなったという。
漠然としたリスクの説明だけではなく、このようなデータを提示されて始めて、それぞれの妊婦さんが無痛分娩を希望するかどうか判断できるのではないだろうか。
今年の9月6日、私は第一子を授かり、翌日、妻を亡くした。
火災は4月15日、事故当時30代だった女性患者が子宮頸部(けいぶ)にレーザーを使った手術を受けているときに発生。
センターは予算獲得のために余分な負担を現場にかけていないでしょうか?
もし、現状の制度・医療文化に問題がないとするなら、患者はどのように身を守ればよいのでしょうか。
医学部の教授選考で重視されるのは、研究と診療の実績だ。確かに何れも重要だ。ただ、これで教授を選ぶのは危険だ。
最近、ある医療過誤による事件によって、我が国の医療における2つの大きな問題点について考えさせられた。
大阪市立総合医療センターが、患者2人の了承を得ずに精子の凍結保存を中止していた。元副部長の指示で凍結保存のための液体窒素の補充が打ち切られたという。