iryojiko

不正に入学した学生は退学させ、不正に入学し、医師免許を得た者は、資格を抹消すべき。この際、膿を出し切らなければならない。
漠然としたリスクの説明だけではなく、このようなデータを提示されて始めて、それぞれの妊婦さんが無痛分娩を希望するかどうか判断できるのではないだろうか。
今年の9月6日、私は第一子を授かり、翌日、妻を亡くした。
火災は4月15日、事故当時30代だった女性患者が子宮頸部(けいぶ)にレーザーを使った手術を受けているときに発生。
センターは予算獲得のために余分な負担を現場にかけていないでしょうか?
もし、現状の制度・医療文化に問題がないとするなら、患者はどのように身を守ればよいのでしょうか。
医学部の教授選考で重視されるのは、研究と診療の実績だ。確かに何れも重要だ。ただ、これで教授を選ぶのは危険だ。
最近、ある医療過誤による事件によって、我が国の医療における2つの大きな問題点について考えさせられた。
2014年6月の医療法改正で、医療事故調査制度が発足することになった。新しい制度では、院内事故調査委員会がすべての医療機関に設置される。
2014年6月の医療法改正で、医療事故調査制度が発足することになった。新しい制度では、院内事故調査委員会がすべての医療機関に設置される。
メディアは、ありもしないことでも、あったかのように見せられます。関係する方々には、ぜひ話題性や風潮に流されず、真実を報道してほしいと願います。
インドで、不妊手術を受けた後に60人ほどの女性が体調の悪化を訴え、12日までに13人が死亡するという事件があった。1人の医師が6時間ほどの間に女性83人に対して手術を行っていたという。
医療ミスなどが原因で起きた死亡事故を調査する民間の第三者機関「医療事故調査・支援センター」が、2015年10月に導入されることになった。
医療過誤の民事訴訟は年間、約800件に上るが、訴えた患者側の主張が通る勝訴率は、約2割にすぎない。なぜ、患者側が勝訴することが難しいのか。
11月16日(土)に、香川県高松市内で、医療従事者を対象とした医療法務セミナー(医療事故調査制度の在り方とその対応について。主催・セイコーメディ カルブレーン株式会社、後援・株式会社幸燿)が開催された。
厚労省は医療者の責任追及をあきらめきれず、医師会や各学会の幹部らと共に前近代的な体質を持った事故調を完成させるべく動き出している。このままの内容 で法制化すると確実に医療は委縮し、医師の管理化は進み、医療は崩壊していくものと予想される...
法的安全弁なしで医療安全の活動を推し進めれば、それは自らへの法的責任の追及を招く。そこで、私案としてではあるが、「訴訟使用禁止規則」運用マニュアルを提示する。
医療の現場では、医療安全を推進する試みが定着した。医療安全管理委員会での議論、インシデントリポートの提出、院内の事故調査委員会の開催などで、医療事故の再発防止策が積み重ねられている。ところが、これら医療安全の内部資料が訴訟で使われかねない。医療に対する不信を強く持つ人々が、情報開示や証拠保全や文書提出命令などのありとあらゆる手続を使って、責任追及に利用しようと試みている。