ishi-rosai

東京都内にある病院に勤務する30代の男性医師が死亡したのは過労が原因だったとして、品川労働局中央基準監督署が労災を認定を出した。男性の弁護人の川人博弁護士が8月9日、記者会見を開いて明らかにし、「病院側は長時間労働を認識していたのに十分なサポートをしていなかった」と述べた。