ishi

認知症にはほかに2つのタイプがあるとされています。実は、そのうちのひとつである「レビ―小体型認知症」を発見したのは、日本の精神科医である小阪憲司先生なのです。
新しいことへの挑戦は勇気とやる気が必要であるが、少しでも医療分野の人材不足が解消し、社会貢献できることを願って全力で取り組んでいく所存である。
2015年4月から星槎(せいさ)大学大学院教育系研究科教授を拝命することとなった。卒後12年目で初めて「自分を見つめなおした」わけである。この大きなターニングポイントまでのいきさつをお話させていただく。
震災後から約4年経とうとしている中、自分の中で変わらない部分と変わった部分がある。
弊社にも20代前半の社員が増えてきたので、先日会社で「みんながどうやってタスク管理をしているか発表してみよう」ということになりました。
2017年度から、医師の専門医制度が変わる。現時点では学会が認定している専門医を、日本専門医機構という団体が中心となって認定することになる。
これまで意志が弱いのは本人の問題であると言われてきました。しかし意思は気持ちの持ち方で強くなるモノではありません。如何に充電し、どのように使い、如何に浪費を防ぐかが重要なのです。これは「時間」や「お金」と同じく物事を達成するための「リソース」と言えるでしょう。
エボラ出血熱の流行が拡大するシエラレオネの最前線で1カ月間、治療に当たった英国人医師ティム・オデンプシー氏の脳裏に焼き付いたのは死にゆく子どもたちの姿だった。
医師の知り合いに、医療メディアを立ち上げたいと相談を受けたとき、医療関係者でもなんでもない私のようなひとも、気軽に医療や医療に取り組む医師たちを知ることができるようなウェブマガジンにしたいと思った。
「どうして前途有望な若い医者が死ななければならないのか。今の医療はおかしい」鈴木医師が、研修医のメンタルヘルスの改善に取り組むきっかけとなった出来事だった。