ishibashigerukanjicho

自民党の石破茂幹事長は4月30日、訪問先のワシントンで講演し、憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認により、アメリカなどとの防衛協力を深化させたいとの考えを示した。
朝日新聞が4月19、20日に実施した世論調査によると、今国会中に憲法解釈を「変える必要はない」と回答した人が68%に上ることがわかった。「変える必要がない」は17%にとどまったという。
沖縄県、名護市長選で500億円の「名護振興基金」を作る構想を表明していた自民党の石破茂幹事長は、1月20日、現職の稲嶺進氏の再選を受け、「稲嶺進市長から言及がない以上、どうするか申し上げることは適切ではない。市長から伺い、しかるべく対応をする」と述べ、見直す考えを示したという。朝日新聞デジタルが報じた。
たかがブラックタイガーを車エビと偽装したオーナーを袋叩きにする攻撃力がマスコミにあるならば、この特定秘密保護法案の明らかなる横暴こそ、国民とマスコミが一致団結して廃案に持ち込まなければならない。
自民党の石破幹事長が11月16日、東京都内で記者団の取材を受け、原発の新規建設に関し「再稼働がよくて新設が駄目というのは理論的に成り立たない」と述べ、必ずしも否定しない考えを述べた。放射性廃棄物の最終処分場についても、自治体の誘致を待つのではなく、政府が主導的な役割を果たすべきとの見解を示していた。