iwakishi

地元の人々が恐れるのは、「風評払拭が振り出しに戻った」と報じられた5年前の夏の悪夢だ。
新たな風評を生みかねない政府の海洋放出案に、「復興」の行方を懸念する。
「血が地面に流れていた。弱っていて声も出せない様子だった」
労災病院での勤務終了後もまた常磐病院へ戻り、いわきでの診療を続けてまいりたいと考えております。
透析患者の生命を救済するため、ぜひ近隣県で透析患者を受け入れていただきたいと願う。
いわき市の医療の迷走を象徴するのが、いわき市立総合磐城共立病院だ。病床数761、地域最大の病院である。この病院が抱える問題は医師不足だ。
ひと目でわかる高額機材の山。白衣を着たスタッフの方々。まるで大学か専門機関のラボです。ここまでやってしまうとは...!
福島の医師不足は深刻だ。関係者も対策に余念がない。あまり指摘されていないが、医師不足対策は、しばしば利権と化す。
私は看護師です。今春、東京から福島県いわき市に移り住み、市内の公益財団法人ときわ会常磐病院で勤務しています。
福島のために何かできることはないか? 一個人、競輪選手として復興支援できることはないか?
新しいことへの挑戦は勇気とやる気が必要であるが、少しでも医療分野の人材不足が解消し、社会貢献できることを願って全力で取り組んでいく所存である。
震災後に働く方々が安心して働ける環境は「福島原発構内」だけで収まりがつきません。震災により失われた「基盤」を新たに作りあげなければいけません。
原発事故により本来起きる必要がない「ゆがみ」が発生しています。しかしそれから目を背けるのではなく「これからの未来」に向かって誠実に動かれている方がいます。
まずは県外の方々へ福島県の地域分類を理解していただき、そして次回以降の記事を読まれる際の基本情報として扱っていただきたいと思います。
「美味しんぼと“三国鼎立”」第3回です。できましたら、私の立場・背景・考え方に目を通していただけるとありがたいです。2013年8月5〜7日、板橋民主党の議員でいわき市・南相馬市・喜多方市の視察に赴きました。仮設住宅に住まう住民に向きあい、被災者同士の断絶に悩み、除染に取り組み、風評被害解消に尽力する、福島の基礎自治体の姿を見てきました。
東日本大震災で被災した福島県いわき市を舞台にしたドキュメンタリー映画「いわきノート FUKUSHIMA VOICE」が、5月10日(土)から東京・渋谷のUPLINKで公開されている。筑波大学の学生11人が、「福島の人々の声を世界に」を合言葉に情景を織り込みつつ、被災地の人々の声と住民らの未来への思いを描いた作品だ。
9月8日に福島県のいわき市長選が行われ、新人の清水敏男氏(50)が、現職の渡辺敬夫氏(67)を含む4人の争いを制して当選した。東日本大震災から、9月11日でちょうど2年半。いわき市の有権者は政治に何を感じているのか。