izonsho

アルコール依存症問題に取り組んできた斉藤章佳さんは、「日常生活が脅かされたストレスへの対処行動として、飲酒量が増える人がいるだろう」と注意を促す。
会員の実話をもとに、依存症者の家族がどう対応すればよいか解説した。
全国的な議論を呼んだ条例が可決。賛成・反対の立場の専門家や進め方を疑問視する団体に聞いた。
条例について考える講演会で、一律の時間制限を問題視。「ゲーム依存」の背景にある問題を含めたケアが必要だと訴えた。
スーパーボウルのキックオフ前、デミ・ロヴァートさんは10年前のある投稿をシェアした。夢を叶えたロヴァートさんの10年間は、決して平坦なものではなかった。
会場にお客様をお呼びしてのイベントは中止し、ライブ配信(TwitterとYouTubeを検討しています)に切り替えさせて頂くことになりました。
素案では、ネット・ゲームの依存症について「ネット・ゲームにのめり込むことにより、日常生活または社会生活に支障が生じている状態」と定義している。
「執行猶予期間ってまた社会復帰する為の期間なのに音源差し止めて収入源を断つってどういうことなんだろうね?」などとTwitterで発信した。
社会が厳しく彼を制裁したり、嘲笑したりするようでは、田代さんのみならず多くの依存症患者が絶望するのではないかと心配になります。