izumo-kubo

過去には「攻撃型空母を自衛隊が保有することは許されない」と政府答弁していたが…
海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」が1月15日、広島県大竹市の沖の瀬戸内海で釣り船と衝突した。釣り船は転覆して乗っていた4人が海に投げ出された。全員を救助したものの、このうち2人が心肺停止の状態という。
2013年8月に進水式を行われた海上自衛隊の護衛艦「いずも」。全長約250メートルと海自最大規模の艦艇で、総工費は約1200億円。ヘリコプター9機を同時に運用できるまっ平らな甲板から、「空母では?」とする声もある。