izuoshima-kenpo

敗戦翌年の1946年に伊豆大島(東京都大島町)で起草された「暫定憲法」の原本とその制定過程を示すメモが行方不明になっていることが判明した。