jal

日本航空(JAL)は、23日に国内線では初めてとなる機内インターネットサービス『JAL SKY Wi-Fi』を開始する。それに先立ち、報道関係者向けに体験会が実施された。
ANAが国際線で客を運んだ実績で、初めてJALを抜いた。
リクルートライフスタイル「エイビーロード・リサーチ・センター」は、エアライン満足度調査2014の結果を発表しました。
全日本空輸が4月、国際線の事業規模で初めて日本航空を上回ったことが2日わかった。経営破綻(はたん)で路線を大きく減らしている日航に対し、3月末に拡大した羽田空港の国際線が全日空に大きく傾斜配分されたためだ。国を代表する航空会社を指す「ナショナルフラッグ・キャリアー」が交代した。
3月は色々な場所で「卒業」が行われ、色々な「別れ」があります。東京の空の玄関口である羽田空港でも、その中でもひと際、大きな卒業である「ジャンボ・ジェット旅客機(B747)」との別れがあります。
日本航空や全日空は、中国が主張し始めた防空識別圏に当初従う決定をしたが、日本の航空当局からの圧力により、撤回に至っている。ところが、中国防空圏にB-52爆撃機を送り込んで挑戦状を叩きつけたはずの米国で、連邦航空局FAAはユナイテッド航空やデルタ航空に対し、中国側の要求に従って飛行計画を通知するよう勧告した。
中国が尖閣諸島の上空を含めた「防空識別圏」を設定し、通過する飛行機の飛行計画を提出するよう求めているが、米軍機が計画提出なしで空域を通過した。中国は緊急措置を取る姿勢を示していたが、特に反応しなかったという。
中国が尖閣諸島(沖縄県)の上空を含む空域に防空識別圏を設定した問題で、国土交通省は26日、国内航空各社が中国への飛行計画の提出を打ち切ると発表した。提出がなくても運航を妨げないとの確約を、中国側から得たことが理由だとしている。
来年春に増える羽田空港の国際線発着枠について、国土交通省は、日本航空よりも全日空に多く配分する方針を固めました。「日本航空は経営再建の過程で公的資金による支援を受け、優遇されている」という指摘に配慮した…
昨年はLCC元年とか言われ、日本でも3社のLCCが誕生しましたが、LCCはうまくいっているのでしょうか。いや実際はなかなか大変そうです。下手をすると燃料、いや資金不足で緊急着陸ということになるのでしょうか。