jamanu-ngusu

独ジャーマンウイングス機墜落で、故意に墜落させた疑いのあるアンドレアス・ルビッツ副操縦士が、自殺の方法などについてインターネットで検索していたことが分かった。
独ジャーマンウイングス機墜落で、旅客機を故意に墜落させた可能性のある副操縦士について、親会社ルフトハンザの航空学校に在籍中の2009年当初、ルビッツ氏に深刻なうつ病の病歴があったことを学校側が把握していた。
独ジャーマンウィングスの旅客機墜落で、デュッセルドルフの州検察当局は30日、機体を故意に墜落させた疑いが持たれているアンドレアス・ルビッツ副操縦士(27)が、自殺傾向のために過去に治療を受けていたと明らかにした。
フランス南部で6月23日に起こった、ジャーマンウィングス機の墜落事故について、フランスの検察当局は26日、「副操縦士は高度を下げる操作をした。飛行機を破壊する意図があったと分析できる」とした。
24日のドイツ機墜落事故で、機長がコックピットを離れた際に事故が起きた可能性が強まっていることを受け、航空会社は乗員2人が常に操縦室内にいることを義務付ける動きが相次いでいる。
マルセイユ検察当局は26日、ドイツ機墜落事故で副操縦士(28)が故意に墜落させた可能性を指摘した。
2015年3月24日に人里離れたフランスのアルプスに墜落した格安航空のジャーマンウィングス。墜落現場では救助隊員が散らばった破片を確認し、ヨーロッパの各地で大勢の人々が犠牲者の死を悼んだ。
ジャーマンウィングスの旅客機が3月24日、アルプスの山岳地帯に墜落する前に、パイロットの1人が操縦室を出た後、何らかの原因で戻れなくなった可能性があることが分かった。アメリカのニューヨーク・タイムズ紙が、事故機から回収されたボイスレコーダーの調査担当者の話として報じた。
3月24日、ルフトハンザ傘下の格安航空会社ジャーマンウィングス 4U・9525便がフランス南部で墜落した。飛行データから、CNNが墜落の模様を再現している。
3月24日、フランス南部で墜落したジャーマンウィングス 4U・9525便に登場していた2人の日本人は、60代男性の永田敏さんと40代の男性の佐藤淳一さんとわかった。NHKが伝えた