japan sochi 2014 winter olympics

2月24日未明(日本時間)、ソチオリンピックの閉会式が黒海沿岸部にある「フィシトオリンピックスタジアム」で行われ、17日間に渡る大会に幕が下ろされた。
ソチオリンピックは2月22日(日本時間)、スピードスケート団体追い抜き女子が行われ、女子の日本(押切美沙、田畑真紀、高木菜那)は3位決定戦で、ロシアに破れ4位となった。
ソチオリンピックは2月14日(現地時間)、フィギュアスケート女子シングルのフリープログラムがあり、前日のショートプログラムで16位と出遅れた浅田真央が、フリーではトリプルアクセルなど6種類の演技を成功させ、自己ベストを更新する142.71点を記録、合計198.22点となった。
浅田真央の演技に、安藤美姫、ミシェル・クワン、エルビス・ストイコらオリンピックを彩ったスターたちから賛辞。
ソチオリンピックは2月20日(現地時間)、新種目のスキーフリースタイル女子ハーフパイプが行われ、小野塚彩那選手が83.20点で銅メダルを獲得した。
ソチオリンピックは2月14日(現地時間)、フィギュアスケート女子シングルのフリープログラムが行われ、前日のショートプログラムで16位と出遅れた浅田真央が、フリーではトリプルアクセルなど6種類の演技を成功させ、自己ベストを更新する142.71点で合計198.22となり、6位入賞を果たした。
ボブスレーのカナダ代表、ヘザー・モイズ選手は、エプソム塩入りのお風呂に入りたいと思った。しかし、ソチの選手村には、使えそうなバスタブがなくて困ってしまった。そこで同選手は2月16日(日)、バスタブの代わりに特大のゴミ箱で入浴することにし、その証拠を写真に撮って全世界の人々に公開した。
ソチオリンピックで2月19日、スノーボードの女子パラレル大回転の決勝が行われ、竹内智香(たけうち・ともか)が銀メダルを獲得した。スノーボード女子で、日本代表がメダルを獲得するのは初めて。スキーも含めてもアルペン競技では、男子で1956年に猪谷千春が銀メダルを獲得して以来となった。
ソチオリンピックは2月19日、スノーボートの女子パラレル大回転の予選が行われ、竹内智香(ともか)選手が決勝に進出した。
ソチオリンピック・フィギュアスケート女子シングルのショートプログラムは浅田真央が、トリプルアクセルの転倒などジャンプのミスが響き、得点は55.51点。16位と出遅れた。キムヨナ(韓国)が74.92点をマークしてトップに立った。