jemuzu-fori

なぜこれほど痩せてしまったのかは分からない。
英メディアが熱く注視するのは、今回のテロ事件をきっかけに日本の安保政策に変更があるかどうか、だ。
イスラム国からトルコへ脱出したイギリス人の若い母親が、テロリストの拠点での悲惨な経験について語り、「家族を救い出そうとして欧米から来た人は、誰であろうと、まず間違いなく処刑されることになります」と忠告した。
ヨーロッパは騒然とした時代に入っており、英知と勇気、そして同情の心が、イスラム教徒、非イスラム教徒の指導者の双方に求められている。
西欧諸国で生まれ育った若者たちは何故「聖戦(ジハード)」に参加するために海外に出かけ、戦闘行為に参加し、さらには西欧の市民の首に手をかけるようになったのだろうか?
ロンドンでは、10歳未満の子どもたちが「若きジハード主義者としての訓練」を受けている―ロンドンの治安維持を担当するスティーヴン・グリーンハル副市長は、同市が直面する深刻な状況について厳しい警告を発した。
「イスラム国」が、新たに動画を公開した。動画ではイギリス人を自称する男性が、西洋のメディアがいかに大衆を操っているかを語っている。
「イスラム国」は現在、ヨーロッパ出身の女性たちを呼び込もうとしている。また、そうした女性たちの側も、「戦士」との結婚を望んでソーシャルサイトを利用しており、「これまでに前例がない現象」が起きていると研究者たちは語る。
若きソトロフの死は、その前に殺害されたジェームズ・フォーリーのように、アメリカのメディアの編集現場を震え上がらせた。この、えも言われぬ恐ろしい斬首は、オバマ大統領にメッセージを送るのが目的だった。
¥オバマ米大統領は3日、イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」が中東地域で勢力を失うまで戦い続ける決意を表明した。また、イスラム国による米国人ジャーナリスト、スティーブン・ソトロフ氏の殺害を非難した。