jibanyan

初代鬼太郎を演じた野沢雅子が演じる。
子どもが好きなキャラクターの調査で、「妖怪ウォッチ」が初の首位に立った。これまで13年続けて1位だった「それいけ!アンパンマン」を抜いた。
1月2日から2日間にわたって行われている、第91回箱根駅伝。大学生がたすきをつなぎ、しのぎをけずる中で、沿道ではもうひとつの戦いが繰り広げられていた。
すさまじいほどの社会現象となった『妖怪ウォッチ』の大躍進が止まらない。“街を歩けばジバニャンにあたる”というくらい、街中にキャラクターが溢れ、子どもたちは、都合が悪くなれば“妖怪のせい!”と言い放つ。
ゲームやアニメで人気の「妖怪ウォッチ」のイラストを貼った九州新幹線の車両が20日、運行を始めた。
『妖怪ウォッチ』の生みの親、株式会社レベルファイブ 代表取締役社長/CEO日野晃博さんと、同社でゲーム開発チームを率いるディレクター本村健さんにお話を伺いました。