jidountensha

90年代から00年代にかけて起こったソフトウェア+インターネット革命は、家電、通信、出版、音楽、小売などの複数の業界にまたがって大きな影響を与えて来ましたが、自動車産業はその変化から比較的免れることが出来ていました。
モデルSを"可能な限り"手を使わずに運転し、カリフォルニアからニューヨークまで2,700マイル(約4,345 km)の道のりを57時間48分で走破した。
自動運転カーについて、気になるのはやはりその安全性だろう。GoogleのChris Urmsonによれば、Googleの自動運転カーはこれまでに11件の「軽微な事故」に遭遇しているのだとのこと。
イーロン・マスク氏は3月17日、「いずれは、自動運転車が人が運転する車よりもはるかに安全な時代が来る。そうなれば、人間が車を運転することさえ許されなくなるだろう」と語った。
Googleが今年5月に発表した完全自動運転車の初期プロトタイプは、ドライバーが操作できるペダルやステアリングが一切なく、ヘッドライトも点かなかったが、今回発表された新しいプロトタイプには、きちんと機能するヘッドライトなど、公道走行に適した装備が整っている。
日産自動車は17日、自動運転の技術を部分的に使った車を、2016年末までに一般向けに売り出すと発表した。まず、混雑時の高速道路を同じ車線内で自動走行できる車や、自動で駐車できる車を売り出す。
インターネット検索大手の米Google社から先週、完全自動運転車のプロトタイプが発表されたばかりだが、このクルマがさっそく物議を醸しているようだ。そこで今回は、自動運転車の危険性を懸念する立場から作られたコメディ映像をお届けしよう。Googleはこれまで、トヨタ「プリウス」やレクサス「RX」といった市販車をベースに自動運転車の開発を進めてきたが、例えば映画『ウエストワールド』に描かれているような"ロボットの暴走"といった厄介な状況になってしまった場合には、ドライバーが自分でハンドルを握り、いつでも運転を代わることができた。
米グーグルの共同創業者、セルゲイ・ブリン氏は当地で開催されたイベントで、ハンドルやアクセルおよびブレーキペダルがない自動運転車のプロトタイプ(試作車)を開発していると明らかにした。
“未来の自動車”という言葉を聞いた時、まっさきに思い浮かぶのが自動運転ではないだろうか。まさか21世紀に入ってから十余年たって、いまだに自らの手でクルマを運転しているなんて、SF映画に親しんでいた子どもの頃の自分が知ったらきっとショックを受けるに違いない。
Presented by VISION2020
「2014 International CES」で米グーグルと独アウディが、車載向けのアンドロイドアプリ開発で協業することを発表する予定だが、米アップルは昨年6月、車載ディスプレイ「iOS in the Car」を発表している。2014年搭載に向け、独BMW、独ダイムラーのメルセデス・ベンツ部門、米ゼネラル・モーターズ(GM)、ホンダが対応車両の開発を進めている。
米の自動車保険サイト『CarInsurance.com』が、2000人のドライバーを対象に行った自動運転車に関するアンケート調査結果をご紹介しよう。興味深いのは、アンケート回答者の20パーセントが、「自動運転車が発売されたら、自分では車の運転をしない」と答えたことだろう。
安倍氏の発言に対しては、「世界一とは言い過ぎなのでは?」との声も聞こえてくる。国のトップまで巻き込んだ自動車メーカーによる派手なデモンストレーションと、少々上滑りした安倍氏の発言からは、日本のイノベーションに関する複雑な事情が垣間見える。
自動走行システムでグーグルに対抗できる、あるいはもしかするとグーグルと技術で棲み分け、補完しあう存在となる道を富士重工がまっさきに歩んでいるのかもしれません。
先日、日本の大手自動車メーカーが、自動運転技術を2020年までに実用化すると発表した。7年先は意外とすぐやってくるという印象を受け、もうすぐかつて図鑑に描かれた姿を実際に眼にすることができるようになるのだろうかと思いながら、自分なりに7年後の姿を思い描いた。