jidoyogoshisetsu

自前で二十歳の振袖を用意するのが難しい児童養護施設出身の若者に、振袖の着付けと前撮り写真をプレゼントするプロジェクトがある。
児童養護施設出身者の多くは、親には頼れない。虐待を受けていたり、貧困だったりという理由から施設に入ったのだ。そんな若者が施設を出る時にどのような困難が待っているかはあまり知られていない。
男は「施設に恨みがあった。施設関係者なら誰でもよかった」と供述しているという
基金創設の反響は大きく、寄付額も当初予想をはるかに超えるペースです。
退所後は親に頼れず、生活が行き詰まる子もいる。
情報が届いていないことで無用な苦労をしていることに少しでも貢献したいと考えています。
政府がすべきことは、子どもの養育に必要な治療や支援を親に対して行い、子どもが父母に養育される権利をまもることなのです。