jiheisho

4月2日は、国連総会で定められた「世界自閉症啓発デー」。日本人の少年によるエッセイが原作となった映画『僕が跳びはねる理由』は、自閉症当事者の豊かな内面と繊細なまなざしを映し出す。
一見しただけではわかりづらい「障害」が、伝わりやすく表現されたCM『見えない障害と生きる。』。制作者の東海テレビ・桑山知之さん、CMにも登場する当事者のラッパー・GOMESSさん2人が語る、その意図や思いとは━━。
多くの知性派は世界を憂いている。  一体なぜ、ここまで事実が積み上がっているのに、あるいは事実は確固としてあるのに、彼らの意見は変わらないままなのだろうか、と。
本来、watchOS 6のノイズアプリは、周囲の騒音で聴覚を損なう恐れがある時、感知して知らせてくれるものだという。
客室乗務員は私を睨みつけて「なんて失礼な態度なんでしょう」と言った
メッセージは「世界自閉症啓発月間」に合わせて発信された
「障がい=不幸」という偏見をなくすためのは、私たちには何ができる?
Daivergent社は、企業と自閉症スペクトラム障害の人々を結びつけ、AIやMLでのデータ管理を手伝わせている。
21歳、俳優志望。私の見ている世界をお話しします