jiko

「自動車vs.自転車」。これから先、ますます深まっていくであろうこの二者の関係をどう捉えていくべきかを考えるべく開催された鼎談の第2回目。疋田智(自転車ツーキニスト)、眞鍋かをり(女優)、そしてハフィントンポスト編集長の松浦茂樹により、啓蒙の重要性が語られていく。
Presented by VISION2020
ここ数年、全交通事故の約2割に自転車が絡んでおり、また、自転車事故者の約6割が、何らかの法令違反を犯しているという報告がある。「自動車vs.自転車」。これから先、ますます深まっていくであろうこの二者の関係をどう捉えていくべきかを考えるべく、ヘビーな自転車ユーザー代表として疋田智(自転車ツーキニスト)、ライトな自転車ユーザー代表として眞鍋かをり(女優)、そしてドライバー代表としてハフィントンポスト編集長の松浦茂樹による鼎談が開かれた。
Presented by VISION2020
自民、公明両与党は20日、特定秘密保護法案をめぐり日本維新の会との修正協議で合意した。秘密指定ができる行政機関の絞り込みなどを主張する維新側と折り合った。一方で、与党は民主党との協議では、民主の対案に反論。与党が民主案に譲歩する可能性は少ない。
冬は自動車事故の危険性が高まる季節。特に今年の日本は近年稀にみる寒さに襲われているだけに、特に注意が必要だ。そこで今回は、専門家が勧める雪道の安全な走り方をご紹介しよう。
イギリスの保険会社によると、視界が良好な時にフォグランプを点灯していたことによる衝突事故が増えているそうだ。その発生件数は思ったよりずっと多く、2011年に英国内で起きた事故は30万件、事故には至らなかったがドライバーが"ヒヤっと"させられたニアミスは200万件に及んだという。
東京電力には既存発電所と送電線網の維持管理のみを委託し、事故処理には国が当事者として全面に出る必要がある。監督官庁である経済産業省や安倍政権が安易な東京電力叱責を止め、我が事として正面から事故処理に向き合わねば何時まで経っても問題は解決しない。
メルセデス・ベンツは、事故で車の中に閉じ込められてしまった乗客を安全にかつ迅速に救出できるようなQRコードのシステムを開発し、今年製造されるすべての車に装備するという。
ジェームス・ディーンが愛車ポルシェ550スパイダーでカリフォルニア州のルート466を走行中、事故死したのは有名な話だ。ディーンは事故当日にスピード違反で切符を切られており、事故時にはかなり無茶な運転をしていたという話がまことしやかに伝わっている。しかし、後の調査により、スピードは法定速度内だった時速約88kmだったことが判明している。
車の衝突実験といえば、人間のダミー人形を使ったものがお馴染みだが、今回は米スバルの協力によって行われたペットのためのドライブ用品の安全性を調査した実験の様子をご紹介しよう。
ホンダは9月25日、事故が多発するポイントがひと目でわかるPC/スマホ用の地図サービス「SAFETY MAP」の提供を開始した。利用料は無料。