jiminto-kenpokaiseisoan

「ハードルが高い」からこそ、国民に向けた地道な説明努力が何よりも大切なのだと思います。
最高裁判所裁判官の国民審査と憲法改正の関係を見てみると…
自民党の改憲草案は「国防軍の保持」「天皇の元首化」「国旗・国歌の尊重義務」「家族尊重の規定」など保守色が濃いため、野党側が批判している。
安倍政権は、一部で解散が取り沙汰されています。我々がとやかく言うべきものではありませんが、「何を問うのか」を明確にしなければならないと考えています。
長妻氏は、基本的人権を「永久の権利」と定めた憲法97条などを削除した理由説明を要求。これに対し安倍首相は「憲法審査会で議論を」との答弁に終始し、説明を避けた。
どんな技術も、技術の概念を語っているだけでは知的生産性を上げることはできません。では、どうするか?
現状を直視し、第2次草案を実際に棚上げできなければ、公明党や野党の一部も巻き込んで改正案を発議し、国民投票で可決させることはできないだろう。
東京都現代美術館(都現美、江東区)による現代美術家・会田誠さんによる作品が撤去・改変要請など、表現の自由が問われる問題が相次いでいることを受け、国際美術評論家連盟日本支部(峯村敏明会長)は7月24日、シンポジウム「美術と表現の自由」を東京都美術館(台東区)で開催する。
安倍晋三首相は7月11日、自民党総裁として自民党本部で記者会見した。
「カイケンってどうゆう意味かわからへんから説明して」