jiminto

自民党総裁選に立候補する河野太郎氏が、グループインタビューに応じました。
河野太郎行政改革担当相が、自民党総裁選への立候補を正式に表明した。「皆さんと情報を共有し、しっかりとしたメッセージを出し、危機を乗り越えていく」と意気込みを語った。河野氏がこれまで主張してきた「脱原発」については「当面は(原発を)再稼働する」と述べ、再稼働を容認する考えを示した。
河野太郎氏がTwitterのブロック機能を使っていることに対し、批判や国民の声に耳を傾けない行為では、などの指摘が相次いでいた。
原子力の電源比率を2割に引き上げる第6次エネルギー基本計画案に対し、「原発ゼロ」を掲げる立憲民主党が沈黙している。その理由とは。
欧州で進む「人権デューデリジェンス」の法制化。自民党は前向きですが、経団連は慎重です。