jinken

安倍晋三首相はカンボジアのフン・セン首相との会談の際、総選挙での不正行為に対し、国際的な支援による独立調査を受け入れるよう公けに求めるべきだ、とヒューマン・ライツ・ウォッチは本日公開した書簡で述べた。安倍首相は2013年11月16日から17日にかけて、カンボジアを訪問する予定だ。
過去2年間で25カ国が家事労働者の法的保護枠組みを改善した。改革が最も進んだのは中南米諸国。高齢者人口の増加で家事労働者に依存するEU諸国では大きな問題が残されたままであり、最も深刻な人権侵害が起きている中東・アジア諸国では問題解決が遅々として進んでいない。
すこし前に「リベラルが保守反動になった」という話を書いたところ、「リベラルの定義はなんですか?」という質問をいただきました。これはなかなか難しいのですが、わかる範囲でこたえてみましょう。
世界各国政府は、画期的な新「水銀に関する水俣条約」に即時署名すべきだ、と本日ヒューマン・ライツ・ウォッチは述べた。各国代表者が同条約の正式な採択のために2013年10月7日、熊本県での外交会議に出席する予定だ。採択後、同条約は署名・批准に付される。
ヒューマン・ライツ・ウォッチ代表のケネス・ロスは「世界各国の閣僚級が参加した本日の会合では、性的指向と性自認(ジェンダー・アイデンティティ)に基づく迫害をなくすべく、各国が画期的な関与の姿勢を表した」と指摘。「国連と各国の双方に課された課題は、この姿勢を行動に移すことである」と述べる。
中国の警察は、中国で蔓延している子供の人身売買問題を取り締まるため組織の摘発に乗り出し、誘拐された子供92人を救出し、301人の容疑者を拘束した。中国の公安省が発表した。
のどかな表情で眠るネコの絵――。これが死刑囚の描いた作品と思う人はいるだろうか? 死刑囚が拘置所で描いた絵画を集めた展覧会「死刑囚の絵画展」が9月28日、29日の2日間、東京・渋谷区文化総合センター大和田で開かれる。この展覧会は、死刑が確定すると外部とのコミュニケーションが限られてしまい、メディアの報道でしかわからない死刑囚たちの素顔を知ってほしいと公益社団法人「アムネスティ・インターナショナル日本」が企画した。中にはすでに刑が執行された人の絵画も含まれている。
ポスト2015年開発アジェンダが人権を中心に据えるのであれば、差別や不平等の問題に関心を集め、これらに対処する行動を促すだろう。また人権を基本とした開発アプローチは、各国の政策が最貧困層に与える影響に関する、政策決定者の説明責任を強化することとなろう。