jinkendyuderijensu

日本の繊維業界は今後1年かけて指針をつくる方針です。国内外の強制労働問題などが背景にあるようです。
欧州で進む「人権デューデリジェンス」の法制化。自民党は前向きですが、経団連は慎重です。
企業はサプライチェーンの全工程において、人権侵害のリスクをチェックする必要があります。
「ビジネスと人権」が重視される時代、低評価だった日本企業は、どんな改善策を打ち出したのでしょうか。
英国の人権団体が世界のアパレル系企業64社を調査。グローバル企業にとって、「ビジネスと人権」は市場競争力の大きな要素となっています。
サプライチェーンにおける人権侵害は、「ビジネスと人権」の国際基準にも反している。
ヒューマン・ライツ・ウォッチの調査では、企業の事業活動に対する効果的な規制を通じて、人権を保護するという義務を、各国政府が国内外問わず果たせていないことが多い実情が明らかになっている。
企業統治とは、CSRの文脈では、社会的責任を果たすための経営意思決定プロセスであり、透明性や説明責任が問われる。それゆえ、経営者の「知らなかった」や「知っていて行動しなかった」ことは許されず、これに的確に対応できる企業統治の構築が急務である。