jinkotanoseimikisaibo

CiRAでは、2020年までの初期目標達成を確信するに至り、この4月に2030年までの長期目標を新たに掲げました。
iPS細胞(人工多能性幹細胞)やES細胞(胚性幹細胞)を用いた再生医療の障壁とされている腫瘍形成の恐れを排除する技術を、国立研究開発法人産業技術総合研究所と和光純薬工業が共同で開発、10日発表した。
人工多能性幹細胞(iPS細胞)の将来の臨床応用に道を開く成果がまたひとつ生まれた。
人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作る際に導入する遺伝子が、進化の過程で人類の遺伝子に組み込まれた「レトロウイルス」を活性化していることが分かった。
理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の高橋政代プロジェクトリーダーは7月2日、自らが進めている人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った世界初の臨床研究について「まだ始まっていない患者さんの治療については中止も含めて検討いたします」とTwitterに投稿した。