jinminge

また、「最近の人民元と今後の展開(2017年8月号)」で指摘したとおり、現在の人民元を取り巻く環境は人民元ショックが起きた時と、人民元が割高か割安かの水準感は逆であるものの、構造的には似た面がある。 従って、ユーロドルが再び高値トライする展
8月の人民元レートは米ドルに対して上昇、8月末は前月末比2.1%上昇の1米ドル=6.5910元で取引を終えた。
7月の人民元レートは米ドルに対して上昇、7月末は前月末比0.8%上昇の1米ドル=6.7291元で取引を終えた。
6月の人民元レートは米ドルに対して上昇、6月末は前月末比0.6%上昇の1米ドル=6.7825元で取引を終えた。
6月末に向けての人民元レートは米ドルに対しボックス圏内でほぼ横ばいの動きが続くと予想している。
中国政府はリーマンショックの余波を受け、国際通貨の役割を果たす上で欠かせない計算単位、支払手段、価値保蔵の三つの機能を充実させてきた。
中国経済の高成長を牽引してきた輸出に陰りが見えてきた。
中国がアジアインフラ投資銀行(AIIB)の設立に動いた背景には、現行の国際秩序に対する不満があり、今後も様々な局面で波乱の火種となりそうである。