jinshusabetsuhatsugen

Twitterで国籍や被爆者を差別する投稿が立て続けに書き込まれた。
丸山議員は「言葉尻を捉えて(批判する)。今の日本の悪い風潮ですよ」と話した。
「在日特権を許さない市民の会」(在特会)のメンバーらが、京都の朝鮮学校の周辺で繰り広げた人種差別的な表現の演説や街頭宣伝(ヘイトスピーチ)に対し、2審の大阪高裁は1審に続いて約1226万円の高額賠償と街宣の差し止めを命じた。
アメリカの歌手ボブ・ディランさんが、雑誌のインタビューでクロアチア人の憎悪を煽動する人種差別的な発言をとして、11月中旬にフランスの当局で刑事訴追された。
全米からTwitterに投稿されるヘイトスピーチ(差別的表現)の出所をピンポイントでつきとめ、表示する新しいマップが公開された。これによると、こういった投稿を行うツイッター利用者の多くは米国の東半分地域に住んでいるようだ。