jinzaiikusei

佐渡島氏は、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)など、さまざまなヒット漫画を世に送り出してきた敏腕編集者。
私自身が前職のP&Gで身に付けていたおかげで、現職のソフトバンクで活躍の機会を与えられたと感じる、"洋才"的仕事の作法は次の3つです。
留職とは、企業の社員が、会社を一旦離れて新興国のNPOなどで一定期間働くことであり、本業で培ったスキルを活かして現地の社会的課題の解決に取り組むものである。
平成26年度に新たに民間企業に派遣された60人のうち、本来、この法律が目的としている若手職員は半数以下、40歳代、50歳代が33人もいるというおかしなことになっている。
“未来の科学者を育てよう”を目的とした中高生対象の科学のアイデアコンテスト「つくばサイエンスエッジ」。これの海外展開第一弾として「グローバルサイエンスリンク・シンガポール」が開催されました。
PRESENTED BY JTB交流応援隊
5年後、10年後、こんな人になりたい、こんなキャリアを目指したいと思える人が見つかれば、大きなモチベーションにもなります。
日本人の職業能力は、民間企業での人材育成に一任されてきた。ところが現在、民間企業での人材育成は機能不全に陥りつつある。
「爆速経営」を推し進めるヤフーが新たに作り上げた人事制度・人財戦略について、同社の湯川高康ピープル・デベロップメント戦略本部長とサイボウズ執行役員・事業支援部長の中根弓佳が語り合うこの対談。
日本代表選手を次々と輩出しているセレッソ大阪の育成方法が注目されている。具体的な人材育成術や、チームプレイの生み出し方、チームで成果を出す秘訣について、大熊氏と宮本氏に聞いた。
チームのつくり方、リーダーのあり方、チームプレイの生み出し方など、永続的に強いチームをどうつくればいいのか、宮本氏と大熊氏に聞いた。
グローバル人材育成のために、外国語教育以外にも取り組むべき課題はないのだろうか。日本人学生に足りないことは何か。日本人大学生をインターンシップ(就業体験)で受け入れている、在日大使館や観光局の担当者に話を聞いた。
大学までの学費は無料。授業時間が他国に比べて少なく、基礎教育課程では全国共通の学力テストもない。それにも関わらず、国際的な学習到達度テストでは常に上位を誇っている国が、フィンランドだ。その背景にあるものは、「信頼」なのだという。
今私は九州大学で、地域の将来ヴィジョンをデザインできる志の高い人材=「人財」を育てたいと考えて活動している。現場では実践力を伴った迫力ある人財に不足はない。しかし自治体や企業の熱意がなければこの有為な人財はこの地にとどまらないだろう。