jisatsu

アメリカ・カリフォルニア州に住む12歳のローニン・シミズさんが、12月3日午後3時頃、自らの命を絶った。ローニンさんはチアリーディングのクラブに所属する唯一の男子だったことで、いじめにあっていたという。
がんで死ぬということは、自分のコントロールを少しずつ失うということです。そんな時、尊厳死という「選択」が与えられたことで、そのコントロールを少しでも取り戻すことが出来るのかもしれません。
定職に就いている人の中でも、自分の生活に満足できていなくて強いストレスを感じ続けている人達や組織内で軽んじられている人達がニートに対して特に厳しい視線を向けます。弱い立場の人ほど、より弱い立場の人に対して厳しい姿勢で臨むわけです。
チューリッヒ大学の研究者らによって「自殺ツーリズム」という研究論文が発表された。安楽死を遂げるためスイスに渡航した外国人が急増しているという。
自殺という言葉は嫌いだ。自分を殺す。殺人犯みたいな言い方だ。なんていじわるで、微塵も思いやりがないんだろう。その人が一生懸命に、りっぱに生きてきたことを全否定するその言葉。
ニュースを知った時、世の無常を直視したような気がして、悲しさで頭がいっぱいになった。笹井さんは、科学研究の最前線を担い、業績を積み上げてきた人物だった。
「どうして前途有望な若い医者が死ななければならないのか。今の医療はおかしい」鈴木医師が、研修医のメンタルヘルスの改善に取り組むきっかけとなった出来事だった。
韓国の1人当たりのGDPが発表された。数値が大幅に高くなって、多くの方が驚いたようだ。GDPが増えたのに、なぜ懐は相変わらず軽く、暮らしは楽にならないのか気になる人が多いだろう。その理由はどこにあるのか?
NPO法人「国際ビフレンダーズ 東京自殺防止センター」(東京都新宿区)は毎晩、ボランティアの相談員が電話相談を受けて自殺防止に努めている。創設者の西原由記子さんは2月に脳梗塞のため80歳で亡くなったが、所長の村明子さんは「その遺志を受け継いでいきたい」と話す。
軍隊内の自殺は大部分が、過酷な行為に耐えきれないケースだ。しかし韓国軍当局は暴力行為を立証するより、内密に隠蔽しようとする。最近では軍部隊内の自殺を立証するため、占いや水脈、巫女や四柱八子などの迷信を動員し、さらに遺族の怒りを買っている。