jizokukanonakaihatsumokuhyo

国連広報センター主催「Spotlight on SDGs」展が7月10日から1ヶ月間おこなわれます。
「持続可能な開発のためのハイレベル政治フォーラム」の閣僚会議において、日本政府のSDGsの進捗状況を国連に報告する「自発的国別レビュー」が行われました。
WWFはここ横浜から、「地球市民」の感覚が子どもたちに芽生えて、持続可能な社会を作る試みがグローバルに加速していくことを願っています。
子どもたちにとって悲劇的な経験の劣化であるだけでなく、来たるべきグローバル経済の破綻も物語っています。
1997年、ロサンゼルス近郊のマリーナデルレイに生後間もないコククジラの赤ちゃんが迷い込み、大騒ぎになりました。
5月27日に閉幕したG7タオルミーナ・サミットを受けて、セーブ・ザ・チルドレンのようなNGOも市民社会の見地から働きかけを行ってきた。
社会変革を起こそうとしたとき、鍵を握るのが社会と密接不可分な関係にある”企業”の存在だ。
今回の映画祭は、SDGsを国連広報局の協力のもと、映画祭をあげてアピールした、世界で初めての国際映画祭となりました。
「投資家たちはより望ましい投資機会を模索している。こうした資金を、世界的な高まりを見せる人々の期待に応えるために振り向けるべきである」