johorosetsu

個人的な情報をさらす大規模なデータ流出を回避するのは、ほぼ不可能に近い。
サンフランシスコ市検察官が、「1500万人以上のカリフォルニア住民の個人情報保護に失敗した」という名目で提訴した。
スピード更迭されたスカラムッチ氏が10日間で巻き起こした10の騒動を振り返ってみたい。
スカラムッチ氏は、元はウォール街の投資家でテレビなどでも広く活躍するコメンテーター。トランプ氏の友人だった。
ネット世界とサイバー・セキュリティの参考文献としてはすでに古い。
「FBI内部にいる情報漏洩者ですら見つけることが出来ていない」
「ついに、いかがわしい情報漏洩者に光が当たった!奴らは捕まるだろう!」
これはデータ漏洩史上もっとも大掛かりで悪質なケースだ。犯人が国家的支援を疑われているだけでなく、窃取された個人情報の規模も内容も深刻な影響が懸念される。
サンリオは4月8日、株主6249人分の個人情報が漏洩した可能性があると発表した。株価は午前、一時急落したが、午後には一時プラスに転じる動きも見せた。
富士通は、メールやWebなどのPC操作の動向から、サイバー攻撃の被害に遭いやすいユーザーを判定し、個々のユーザーや組織に合わせたセキュリティ対策を可能にする技術を、ICT業界で初めて開発しました。
PRESENTED BY FUJITSU JOURNAL