joseinohatarakikata

緒方議員の話と熊本市議会事務局、 少なくともどちらかがウソをついています。
男女平等の国として知られるフィンランド。ハフポスト日本版編集部では、フィンランド男女平等会議の議長、サリ・ラーッシナ博士にインタビュー。100年以上かけて、フィンランドが目指してきた男女平等の社会を支える仕組みについて聞いた。
「女性活躍」という言葉とは名ばかりに、実が得られていない証左だ。
7割でマジョリティと言えますが、ほぼ9割が「モヤモヤ」している、しかもその半数以上が頻繁にモヤモヤを感じています。
多様性と自己決定に耐えられない人をどうするかは、依然として社会における大きな問題として残る。
女性労働者を取り巻く環境は大きく変化したが、重篤な月経痛や月経前症候群(PMS)に悩む女性たちは大勢いる。
女性の生理と働き方について考えるハフポストジャパン主催のイベントが4月25日、東京都港区であり、約20人の女性らが聴き入った。企画「Ladies Be Open」の関連。
男社会の悪しき常識を背負ったこの70年間、長時間労働の問題は、多少の波はあったにせよ、本質が大きく動くことはなかったのだ。
ハフィントンポスト『Ladies Be Open』では、「話してみる、会話する」を実践するリアルイベントを4月25日(火)午後7:30から東京・南青山で開催します。