joseinohatarakikata

共有しているスケジュール表に、家庭のスケジュールも書いてます。
アメリカでは、離職期間はキャリア"ブランク"(空白期間)ではなく、キャリア"ブレイク"(休憩・中断期)です。
お互い離れたら生きていけないようにして、うまくやっていたのが高度成長期の夫婦だったが、それが通用しなくなるのが今後です。
赤ちゃんが本当にいい子で、会社を助けてくれます。この子がきただけでふわーっと全体が温かくなります。
「羨ましい」と思われた方、諦めの気持ちを持った方もいらっしゃると思います。ですが、紹介したママたちも最初はそう思っていたのではないでしょうか。
現在はプロクラウドワーカーのライターとして活躍している森下さん。全く経験のない状態からパソコン1台で生計を経てる働き方をどのようにして実現させてきたのでしょう。
働く女性が同居継続のために「転勤妻」になると、多くは転職活動か、専業主婦かの決断を迫られる。数年に一度転勤する「転勤族」ともなると、悩みはさらに深まる。
長時間労働是正に関して、大きな進展があったことは、歴史に残る事実になると思います。
2013年より東京都議会議員を務めるおときた駿さんは、なぜ異色の道を選んだのか。