joseinokatsuyaku

ドナ・ストリックランドさんは、物理学賞の歴史上3人目の女性となった。
育児や家事に専念する人に対して、社会には恐ろしいレベルの偏見があります。
「東京が女性起業家の活躍しやすい都市になることを期待している」
「女性は子どもが生まれたら育児に専念する方が少子化は止まる」という母業専念議論は、少子化を研究する研究者にとって「それはない」議論である。
「議員と行政と首長の関係が健全かつ適正化されない限り、最終的に都民の皆さんが損をする形になっていると思うんです」
科学の黎明期から、研究の世界は男性に支配されてきました。
子育ての楽しみは数日間だけじゃわからない。
どうしてそこまでして、女性の活躍を支援しなければならないの?と聞いたら……。
「自分が家事をやるよ」と張り切ったものの…
経団連は1月17日、「2017年版 経営労働政策特別委員会報告-人口減少を好機に変える人材の活躍推進と生産性の向上」(以下「報告」)を発表した。
2016年は日本の女性の社会進出が表面化し、そして男女平等の根底にある課題が浮き彫りになった年でもあるといえよう。
リモートワークで仕事をすることで、ネットを通じていろいろな世界を自分で広げているという実感を持つことができました。
働き放題になってはメンタル疾患などの健康被害がでます。やはり上限は大切。企業がしっかり労働時間管理をすることが大切です。
待機児童は解消されず、最近では、むしろ増加傾向にあります。