joseinokatsuyaku

ドナ・ストリックランドさんは、物理学賞の歴史上3人目の女性となった。
育児や家事に専念する人に対して、社会には恐ろしいレベルの偏見があります。
「東京が女性起業家の活躍しやすい都市になることを期待している」
「女性は子どもが生まれたら育児に専念する方が少子化は止まる」という母業専念議論は、少子化を研究する研究者にとって「それはない」議論である。
「議員と行政と首長の関係が健全かつ適正化されない限り、最終的に都民の皆さんが損をする形になっていると思うんです」
科学の黎明期から、研究の世界は男性に支配されてきました。
子育ての楽しみは数日間だけじゃわからない。
どうしてそこまでして、女性の活躍を支援しなければならないの?と聞いたら……。
「自分が家事をやるよ」と張り切ったものの…
経団連は1月17日、「2017年版 経営労働政策特別委員会報告-人口減少を好機に変える人材の活躍推進と生産性の向上」(以下「報告」)を発表した。