joseinokatsuyo

女性・女児を教育することは、社会を大きく変えることにつながります。
待機児童解消プランが進みつつあるのに、待機児童数は増えている。なぜか。
職場のメンタルヘルス改善のため、今年の12月からストレスチェック制度が義務化される。働く女性は、何にストレスを感じやすいのか調査した。
PRESENTED BY エン・ジャパン
無料で簡単にWebサイトやブログを作れるツールとして、世界で最もポピュラーなWordPress。このグローバルサービスを運営するチームには、日本人女性がいる。
PRESENTED BY エン・ジャパン
日本の営業職女性の課題と、このプログラムで見えてきた可能性についてレポートしたいと思います。
25~54歳の日本女性の就業率は71.8%と言われている。そんな中、子どもを持つ女性639名を対象に「仕事」についてアンケートを実施したところ...
PRESENTED BY エン・ジャパン
女性のためのクラウドソーシング「Woman & Crowd」を運営するSTRIDEの代表を務める石田裕子さんは2児の母でもある。育児と仕事はどのように両立させているのか。
PRESENTED BY エン・ジャパン
人工知能によるアプリ収益化支援を行う株式会社メタップス。このスタートアップで広報を担うのは大手企業出身の鈴木聡子さんだ。
PRESENTED BY エン・ジャパン
女性進出について語る「2015 ACCJウィメン・イン・ビジネス・サミット」が6月29日、東京・赤坂で開かれた。開会式の冒頭、キャロライン・ケネディ駐日米国大使は「私たちの成功を待ち望んでいる新しい若い世代の男女がいます。もう後戻りはできません」とさらなる取り組みを訴えた。登壇した安倍首相もマタハラについて触れ、その根絶を約束した。
Googleが、パートナー企業である広島県庁、KDDI、日産自動車など行った「働き方改革」とは?
日本が子育てしやすい国になるには、何が必要なのか――。
30代でも人材会社の営業としてバリバリ働くAyuさん。体調不良にリーマン・ショックを経験し、退職も考えたそうだが、思いとどまった理由とは
PRESENTED BY エン・ジャパン
女性の活躍推進は、どうやって進められるべきなのか。大切にすべき視点は何か。女性活用ジャーナリスト・中野円佳さんに、これからの働きかたについて聞いた。
家族限定SNS『ウェルノート』のディレクターを務めるのは、1児の母でもある太田さん。彼女はどのようにして、WEBベンチャーでのキャリアとプライベートを両立させているのでしょうか?
PRESENTED BY エン・ジャパン
男女平等の先進国、フィンランド。フィンランド人男性と結婚後、現地に移住し2人の子供を育てるフリーライター・靴家さちこさんが紐解く、「女性の活躍」100年の歩みと現実とは?
入社以来、営業としてトップクラスの実績をあげてきた女性社員にインタビュー。その秘訣は「キラキラ女子に憧れたから」とのこと。単にきらびやかな外見を追い求めのではなく、自分が思い描く「キラキラ」を追求したその先に実績の理由があるようだ。
PRESENTED BY エン・ジャパン
世界的なベストセラーとなっている「21世紀の資本」。その著者で、フランスの経済学者であるトマ・ピケティ氏が1月29日に来日した。日本にピケティ・ブームを巻き起こした。4日間の滞在中にピケティ氏は何を語ったのか。日本記者クラブで開かれた会見の全文を掲載する。
私は地方政治のあるべき姿を反映すべく、意欲ある無所属候補者を支援し、どんどんと輩出していきたい。その為にも地方政治における現状を多くの有権者に知ってもらいたい。