joseinokatsuyo

Googleは7月30日、日本の女性のための新しい働きかた「Work Smart」を提案すると発表した。公式サイトを公開し、結婚や出産、介護などを経ても、女性が働き続けられるような生きかたや、職場の環境について先進企業などの事例などのデータやインタビューを紹介している。
妊娠や出産をきっかけに受ける「マタニティ・ハラスメント」の撲滅に向け、被害者の女性たちが「マタハラNet」を設立。7月29日には初めての交流会が東京で開かれた。今後はネットワークを広げ、「安心して妊娠、出産、子育てしながら働き続けられる社会の実現」を目標に活動していくという。
菅義偉官房長官は7月14日の記者会見で、官公庁や民間企業に、女性登用の行動計画策定を求める法案を2014年度中に国会に提出する方針を明らかにした。
正社員で働くことを希望する女性向け求人情報サイト「[en]ウィメンズワーク」上で、サイト利用者の女性555名を対象に「転職のリスク」をテーマにアンケートを行いました。
PRESENTED BY エン・ジャパン
ハイクラスに特化した転職サイト「ビズリーチ」を運営する株式会社ビズリーチは5月28日、キャリア女性のための転職サイト「ビズリーチ・ウーマン」を公開した。キャリアアップをを目指す女性と、管理職候補の女性を積極的に採用したい企業のマッチングを目的にしたサービスは、安倍政権の掲げる「2020年までに、女性管理職を30%にする」目標の後押しとなるか。
40代前半の私(記者)も2歳の娘を抱える。30代後半の時に高齢出産をした妻から「出産後の女性の心と体をもっと理解してほしい」と背中を押され、NPOが開いた「カップルのための産前・産後セルフケア講座」に参加した。
政府の有識者会議は、これまで15歳から65歳までを働く世代としていたものを、70歳までを働く人として「新生産年齢人口」と呼ぶことを提言している。
ヨーロッパを中心に16年に渡り開催されてきた女性のグローバル・リーダー会議「第4回WINジャパン・コンファレンスー更なる可能性の追求ー」が4月18〜19日、東京で開催されている。
安倍総理が、女性管理職を増やそう、という大号令をかけています。実際に国家公務員の採用において女性を3割以上にすることを決めました。政策として女性を活用しようと数値目標を掲げるのは、非常に頼もしいです。しかし、現状の女性管理職は10%。欧米の3〜4割には遠く及びません。この逆風の中、女性だけに単に「頑張れ!!」といっても、中々大変そうな状況です。
甘利明経済再生担当相は3月7日、会見で所得税を世帯単位で課税する方式を「分析していく」と述べ、所得税見直しを論議していく方針を示した。