joseinoshakaishinshutsu

1つ1つの課題を丁寧に解決していくことで、「女性の活躍推進」が真に進み、活力ある社会の形成につながる。
自分たちの会社を新しいレベルの成功へと導き、意義ある資金調達を果たしてきた。
男女平等の国として知られるフィンランド。ハフポスト日本版編集部では、フィンランド男女平等会議の議長、サリ・ラーッシナ博士にインタビュー。100年以上かけて、フィンランドが目指してきた男女平等の社会を支える仕組みについて聞いた。
7割でマジョリティと言えますが、ほぼ9割が「モヤモヤ」している、しかもその半数以上が頻繁にモヤモヤを感じています。
36歳の誕生日の少し前、たまたま受けた検診がきっかけだった。
世界銀行グループは7月8日、20カ国財務大臣・中央銀行総裁会議にて、革新的な新ファシリティ「女性起業家資金イニシアティブ」の設立を発表した。
女性が高学歴化し、社会進出が進む先進国で、貧血は古くて新しいテーマだ。